スポンサーサイト

Posted by 一ノ四乗 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白道の使者の書 1

Posted by 一ノ四乗 on 28.2010 白道の使者の書   0 comments   0 trackback
やあ、皆お久し振り。今宵は下弦の月、リーベルトだよ。
今頃君達は「ハロウィン」っていう行事を控えた頃かな?
今僕のいる、ここ「ツァイトシュタット」は、もうすぐ一年の最後の日。年越しに向けて、街の大時計塔の時報チャイムを、その日だけカウントダウンのチャイムにするんだって。
もしこの季節、ツァイトシュタットに来るならぜひとも行ってみるべきだろうね。

さて、ツァイトシュタットとは一体どんな街なのか、教えなくちゃね。

ツァイトシュタットは、アルテブルク北西部のレーク半島の大半を占める街。人口は1万4千人程度。
工業が盛んで、特に時計は世界シェアの約6割を占めているよ。砂時計や鳩時計、公園の時計盤や時計台など、幅広い分野で使われるツァイトシュタットの時計は、精度が非常に高い上にデザインにもセンスが感じられる傑作ばかりなんだってさ。
古いものを大切にする風習があるせいか、古着屋や古家具店などが多い。
国立ツァイトシュタット博物館は別名「アルテブルクの歴史書」と呼ばれていて、原始時代から戦乱時代、近現代までの数多くの展示品が丁寧に並べられているんだ。だから春から初夏にかけてはアルテブルク中の中・高等学校から来た遠足の一行で賑わうよ。

今週からしばらくは、ここツァイトシュタットをはじめとしたレーク半島の名所を中心に紹介していく事にするよ。


ああ、それと。
これから、僕が巡って来た世界で新しく見つけた物や、異変が起きた場所などをここで少しだけ紹介する事にしたよ。

最近、白い鳥の飛ぶ青空が見えるあの場所の辺りに、何かが見かけられるようになったみたいだね。
見るからに、これは世界の断片みたいだ。まだ完全では無いみたいだけど、その近くから流れる音を聞けば、何かが分かるかも知れないな…。
世界の断片たちは、とある一定の集まりの中にまとまって存在しているようだね。見てみたいなら、手当たり次第に探すよりも、その集まりの中を見た方が良いかもね。


さて。
僕もそろそろ、あの人の所に行こうかな。あの人の大好きなとびきり甘いリンゴ持って行ってさ。
…ってあれ?今、甘い物は無くなっちゃったんだっけ…?
いや、それはこの世界の事じゃなくて…えっと…?
…まあいいや。

Au revoir, Bonne chance.
スポンサーサイト

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kralyks.blog22.fc2.com/tb.php/306-6163cc84

これまでの訪問者

100Hit毎&ゾロ目がキリ番

俺の事と、独り言。

一ノ四乗

Author:一ノ四乗
「自分 理想 独創 誕生」

別名:@hkvoev. Fonte Melo 等

職業:高校生兼海藻

目標:神女ブームの起源←

誰もまだ想像した事も
無い様な世界を描くのが
ライフワーク。
なんてったって俺の目標は
エンデや雨宮慶太だからね。

世界の果てになろうとも
フィリは10年前から俺の嫁。


「Celestial Globe」

お友達になるの?

お友達大歓迎です!

この人とブロともになる

検索フォーム

懐石よっ!(誤変換)

灯標もしなさい!!(だから誤変換だっての)

blogram投票ボタン

美術室へ行く?

放置プレイここに極まれり。

ついった

かおすまたー。

1年1組で育ててる木

イマ様が育てておられます。

こえ部

かなり亀更新でございます

携帯でも見てね。

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。